投資

NISAとつみたてNISA

こんにちは、リコです。

今日は、「私がNISAでやってしまった失敗」と「投資初心者はつみたてNISAがおすすめ」という内容について書きたいと思います。
前回の記事で書いたOneTapBUYからSBI証券に移り、早々にNISA枠で投資を始めた私でしたが、今思えばかなりの失敗だったなと反省しきりです。

今から投資を始めようとする方に少しでも参考になれば嬉しいです♪

NISAの概要

まずは「NISA」のおさらいです。

通常、株式や投資信託などの金融商品に投資をした場合、これらを売却して得た利益や受け取った配当に対して約20%の税金がかかります。
NISAは、「NISA口座(非課税口座)」内で、毎年一定金額の範囲内で購入したこれらの金融商品から得られる利益が非課税になる、つまり、税金がかからなくなる制度です。

金融庁HPより

例えば100万円で買った株式を120万円で売ったときに出る利益20万円が非課税となり、この場合だと20万円×約20%=約4万円がおトクという制度です。
売買益だけでなく、配当金も非課税です。

そして、NISAには以下のしばりがあります。

  • 投資額上限年間120万円
  • 1人1口座のみ
  • 非課税期間:5年間
  • 投資可能期間:2014年〜2023年
  • 損益通算不可

この最後の「損益通算不可」が、私が失敗したなと思う理由です。

NISAによる失敗談

損益通算とは

「損益通算」とは、株を売って生じた損失と既に出ている利益とを相殺することです。
払いすぎた税金を取り戻すことができ、このために損失を確定することを「損出し」とも言います。

例:利益50万円・損失10万円の場合

利益が50万円→50万円×約20%=10万円
▪️10万円課税

損失10万円と利益50万円を相殺
利益が40万円→40万円×約20%=8万円
▪️8万円課税

→2万円が戻ってくる

ちなみに、損失が利益を上回った場合は、その余った損失を3年まで繰り越すこともできます。

損益通算できないNISA枠

NISAの概要で書いたとおり、NISA枠についてはもし利益が出ていればその利益に対しては非課税となるため、利益をそのまま手に入れることができてとてもおトクです。

しかし、損失が出た場合は損益通算ができないため、損失が出たまま売却したとしても特にメリットがありません。
いや、メリットがないというより、かなり大きなデメリットです。

なぜなら、心理的に損切りが出来づらくなってしまうからです。

株初心者にNISA枠は難しい

損切りができない

↑こちら、私のNISA枠となります。
悲しいくらいマイナスとなっております(笑)

今は特定預かりとつみたてNISAが利益を出しているので全体的にはプラスになっていますが、このNISA枠が常に足を引っ張っている感があり、かなりストレスです。

この投資先は、投資デビューしてすぐ、さらっとひと通り株に関する本を読み、四季報を眺め、株を知ったような気になって、コレだー!と買った銘柄たち。
最初は利益が出ていたので(ビギナーズラックです…)、これで税金も取られずにウハウハだ〜!と調子に乗っていたところ、2018年の株価下落をもろにくらいます
そこから、全く回復する気配がありませんし、損切りするにも下がりすぎていて、損益通算ができないのであれば損切りするのもためらってしまいます。

きちんと損切りして他の銘柄で利益を出すのが一番よいことは頭ではわかっているのですが、「でも損出しできないし…」という考えが常に頭をよぎってしまい、結局こうしてズルズルと今も持ち続けています。
今は配当金製造マシーンと化しているので、2023年に課税口座へ移せるその時まで、もうこれでいっかと自分を無理やり納得させております。

ハッキリ言って、このNISA枠の銘柄たちは、すこし慣れた今見てみたら絶対選ばない銘柄ばかりです。
さらに言うと、あんなタイミングで買うなんてウソだろー!と叫びたくなるくらい高値掴みをしてしまっています。

初心者は絶対に失敗するもの。
今だからこそわかりますが、初心者であればあるほど、NISA枠ではなく一般枠で、いつでも損切りができる状態で取引をすべきだと思います

NISAで買うか否か?判断が難しい

銘柄を買うときに、「NISAで買うか、特定口座(一般口座)で買うかどっちで買うべきか?」を考えなければいけないのも、初心者には難しい作業です。

NISAの上限は120万円ですから、より効率的にポートフォリオを組み立て、枠を最大限活用したいと思うのは当然です。
ですが、銘柄を買いたいと思ったときに「NISAで買うか否か、どちらが最適解か」をその度に考えなければいけないのはかなり負担です。
しかも初心者の場合、大抵が最適解とならない(笑)
時間と労力の無駄だなと感じます。

個人的には、NISAは株に慣れ親しんだ人が高配当株や値上がり益に自信のある銘柄を買うための制度なのではないかと思います。
高配当株については初心者でも選べそうに見えますが、減配リスクの少ない銘柄をきちんと選定できるには、やはりある程度の経験がないと難しいのではないでしょうか。

投資初心者はつみたてNISAが最適

NISAからつみたてNISAへの変更

2018年の1年間でかなりの損失をくらってしまった私は、NISAという制度を使いこなせないと確信。
そこで、2019年からつみたてNISAに変更しました。

つみたてNISAは「長期・積立・分散投資」を柱とした投資に対する非課税制度です。
以下のしばりがあります

  • NISAとの併用不可
  • 年間40万円まで
  • 非課税期間:20年間
  • 投資可能期間:2018年~2037年
  • 投資対象商品:長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託

NISAとの併用はできないので、変更する場合は証券会社で変更の手続きをしなければなりません。
※1年の間に1回でもNISA枠で取引があればその年は変更ができません。

SBI証券であれば、「NISA つみたてNISA」タブから進むと↑こういった切り替えのボタンがありますので、ここから変更ができます。

つみたてNISAに変更して正解だった

↑現在のつみたてNISAの状況です。

結果的に、つみたてNISAに変更して良かったと思っています。

つみたてNISAは限られた投資信託しか選べないので、必然的に投資信託について勉強することになるのですが、その際に米国株式インデックス投資の強さを知ることができました

結局私は「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」を選んで積み立て中です。
ありがたいことに、現在は20%も利益を出してくれています。
結局はインデックス投資が最強だわ…という結論になっちゃいますね。
まあ個別株はこりずに続けますけどね!(意地)

とにかく勝手に積み立ててくれてラクですし、コストの低い商品を選べば長期的に見ると利益を出してくれる可能性が高い
実際に、今積み立てている「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」は、新型コロナの影響で一時マイナスになりましたが、しばらくすると復活し、今では15〜20%の利益を維持しています。

はっきり言って、NISAのときに感じていたストレスがまったくありません。
時間をかけるのは最初の商品を選ぶ時だけ。
あとはほったらかし状態。
本当に楽チンです。

今となっては「最初からつみたてNISAにしておけばよかった…」とかなり後悔しています。
というわけで…

▪️結論
→投資初心者の人には、つみたてNISAがおすすめです!

最後に

以上、「NISAによる失敗談」と「つみたてNISAおすすめの理由」でした。

ちなみに、2024年から新しいNISAの制度ができるようです。
一般NISAとつみたてNISAを同時にできるような、二階建ての仕組みになるとのこと。
参考→マネックス証券(2024年から始まる新NISA制度についてFPが解説!)

ただ、わたしはこのままつみたてNISAを続けようと思っています。
上記の通り、私にはNISAを扱える実力がないことを実感しましたので…。
利益も出ていることだし、つみたてNISAをこのまま愚直に続けたいです。

そんなわけで、ここを見ていてもし投資を始めようと思っている方がいらっしゃいましたら、まずはつみたてNISAを選ぶことをおすすめします!

それでは。

↓ランキングに参加しています!
ポチッと押して応援していただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA