節約

私のマネーフォワードの使い方

こんにちは、リコです。

今日は、私が家計&資産管理に使っている「マネーフォワードME」を、どう活用しているかご紹介します♪
※前身のブログに載せた内容の転載(加筆修正あり)となります。

マネーフォワード MEとは

マネーフォワードME(以下マネーフォワード)は、家計簿を自動作成したり資産管理をしやすくしてくれるアプリです。

マネーフォワード ME公式サイト

このアプリのおかげで、お金の流れが一目瞭然となります!

マネーフォワードを使うメリット

私はマネーフォワードを使うようになって、明らかに資産増加に影響がありました。
その理由は以下3点だと思われます。

  • ①自分の「資産総額」が把握できる
  • ②毎月の「収支」を管理できるようになる
  • ③「貯金」だけでは資産は増えないとわかる

ひとつずつ説明いたします!

①自分の「資産総額」が把握できる

↑これがスマホアプリ版のトップページ。
1番上にどーんと「資産総額」が表示されます。
(表示させたくない場合は非表示にもできます。)

「それがわかるからって何がメリットなの?」と思われるかもしれませんが、自分の置かれている状況を把握せずして目標達成はできません。

お金を貯める目的って人それぞれだと思います。
例えば、目標が「○○万円貯めて車を買いたい」だとして、やみくもに貯金していると「あとどのくらい貯めればよいのか」がわからず、目標達成の地点が見えません。
こうなると、ダラダラと貯金をするか、極端な節約をしてストレスを感じてしまうかどちらかです。

それに比べて、自分の総資産(≒手持ち口座の残高)がわかりやすい状態であれば、「車を買う資金が○○万円だから、A銀行の口座に△△円貯まっていれば、生活資金の××円を確保できるので目標達成だ!」と出口が見えやすくなります。
効率よく最短距離で、目標までたどりつけるのです。

口座ページです。
手持ちの銀行口座証券口座を登録すればこのように一覧化されてそれぞれの残高が一目瞭然に。
無料版は更新する場合、口座ごとに更新ボタンを押す必要がありますが、それでも手軽に最新の状態にできるのはありがたいです。

また、「現実をつきつける」という点もメリットだと思います(笑)
「え…私の全財産ってたったこれだけなの…」という危機感があれば、貯蓄せねば!!という気持ちもわいてきます。
数年前のマネーフォワードを使い始めの頃の自分がそうでした…。
逆に貯蓄を頑張れば、「これだけ総資産が増えた!」とモチベーションもぐんっと上がります。
自分の資産が可視化されるというのは、こういったプラスの影響があるのです。

②毎月の「収支」を管理できるようになる

これが「家計簿」ページ。
(自分的にいちばん標準的な家計パターンです。)

私が1番大切にしているのが「収支」です。 
「収入」−「支出」=「収支」なので、この「収支」が大きくなればなるほど貯蓄ができるということ。
「毎月○○万円貯める!」と目標を定めたのであれば、収支を○○万円にしなければならない、ということです。

毎月の「収入」の額はだいたい予想ができるかと思いますので、貯蓄目標を達成するには、毎月の「支出」の額を把握+日々の支出を調整していく、という作業が必要になります。
「固定費」と「変動費」をきちんと管理するということですね。

固定費(家賃、保険、通信費etc…)は口座引き落としやクレジットカードでの支払いが多いと思いますが、マネーフォワードで登録しておけば上の画像のように勝手に振り分けて家計簿をつくってくれます。

そして、財布の中の現金で支払ったものは手入力。
(レシートの撮影でも入力できます)

↑こんな感じです。

ちなみに日々のお金の出入りは「入出金ページ」で確認できます。

↑こんな感じです。
(ちなみに私は食料品を買う最寄りのスーパーがクレジットカードを使用できないため、手入力です…。
早く対応してくれたらいいのに!!)

こうして記録を続けていくと、情報がたまるので、月々のだいたいの支払パターンがわかってきます。
変動費(食費、水道光熱費、日用品費etc…)は毎月額が違いますが、過去のデータがあれば「自分はだいたいこれくらい使いそうだな」というのがわかってくるんです。
それがわかるようになれば、「○○が欲しいけど今月の収支を考えたら我慢しよう」とか「今月は余裕がありそうだから買っちゃおう♪」とか、(目標収支的に)最適な判断ができます。

たまに高収入なのに貯蓄ゼロという方がいますが、この「収支」の管理ができていないからなのだと思います。
収入がいくら多かろうが、支出が管理できていなければ永遠に貯蓄はできません。
浪費が幸せというのであれば、口出しもできないですが…。
私のように病気などで突然働けなくなった時、貯蓄が無いことがどれほど恐ろしいかは知っておいてほしい、とは思います。
日本には最低限のセーフティネットがあるとはいえ、貯蓄があるのと無いのでは精神的な安定感にかなり差が出るかと思います。

ここでもし、「常に我慢しなければ貯蓄できない」という収入なのであれば、それを増やすアクションをおこさないといけないって気付きますね。
副業をして別の収入を増やすか、転職をしてそもそもの月収を増やすか。

「収支」が管理できれば、今後の自分の生き方を見直すきっかけにつながるのです。
これは次の③にもつながります。

③「貯金」だけでは資産は増えないとわかる

マネーフォワードはアプリだけでなく、ウェブ版もあります。
私はそこの「資産推移」を利用しています。

この月末の「現金」「株式」「投資信託」それぞれの額を毎月スプレッドシートで記録して、グラフを作成しています。

マネーフォワードを使い始めた当初、私は現金の貯金のみをせっせとがんばっていました。
当時、手取り20万円ギリギリいかないくらいで、毎月の貯金額は本当に少ない状態。
節約をし続け、贅沢も一切しない日々…。
何よりつらいのが推しに対してあまりお金を使えないことです(泣)

もっとお金を自由に使いたい。
そしてこのまま未婚で生きていくのであれば、老後の資金を貯めなければならない。
でもデータを見る限り、このままだといっこうに貯まらない。

そういう現実を、こういったデータがつきつけてくれました。

そして私が動いたのが、「転職」と「投資の開始」です。

結果的に、転職することで大幅に年収が改善しました
いま休職するはめになるほど仕事はキツいですが(汗)、某上場企業のグループ会社であるため、福利厚生や賞与の額など、前職よりはるかに良くなりました。
現在の休職中の補償も手厚くてとても助かっています。

そうやって収支が改善することで余裕資金が増え、その分を投資に回せるようになりました
株式に関してはまだまだ勉強中なため、マイナスになることもありますが…
株の売買益や配当金、株主優待などが資産増加にかなりいい影響を与えてくれています。
線グラフの傾きの違いがそれを教えてくれています。

今、銀行の普通預金の金利って0.001%くらいです。
そこにせっせと貯金してもマジで全然増えない…。
それは身をもって実感しました。

でも株式投資や投資信託を始めてから、資産増加が目に見えてわかるようになりました。
それは数字になってあらわれている絶対的な事実です。

マネーフォワードを使うことでそういったことにも気付くことができるのです。

有料版・無料版の違い

ちなみにマネーフォワードは有料版(プレミアムサービス)と無料版があります。
(iOS版:月額480円・Android版:月額500円)

引用元:https://moneyforward.com/pages/premium_features

無料版でもそこそこ使えるので私は無料版で続けています。

ただ、一度有料版を試してみたんですがプレミアムサービスの機能がめちゃくちゃ充実しているので、もう少し資産が増えたら有料版にしたいと思います。

私がスプレッドシートで作っているようなグラフを、有料版だともっと詳細でわかりやすいものをマネーフォワード側が作ってくれるんですよ(表の「資産内訳・推移グラフ」)。
1年以上前のデータが見れるというのも大きい差だと思います。
はやく月額500円が「安い」って思えるようになりたい…。

最後に

なんだかマネーフォワードの回し者のような記事になってしまいましたが、自分の推しアプリなのでつい熱く語ってしまいました。
推しのわりに無料版使ってるんかい!ってつっこまれそうですけど、もう少し資産を増やせばもっと使いがいがあると思うんですよね…という言い訳をさせてください…。
マネーフォワードさん、すみません…。

というわけで、気になっていただけたら、是非試してみてください!
「こんな使い方もあるよ」というご意見があれば、是非教えてください♪

それでは。

↓ランキングに参加しています!
ポチッと押して応援していただけたら嬉しいです♪

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA